安全な冬道の運転方法:道路標識

北海道の標識をよくよく見てみると、上の方に中央分離帯とか、矢印の標識があります。南国にはない標識です。
道路

これは雪が積もって中央分離帯や歩道の境目が分からなくなる為に標識で表しています。
あと、よくシカ注意の看板やたぬき、クマの注意マークなどもあります。

北海道ならではの標識で興奮しましたが、地元の方は運転中にシカが出てくる事をとても恐怖に感じているようです。

シカは光っているものに突進してくる性質があるようで、夜、突然脇道からシカが出てきて車に突進してくるとの事でした。シカと接触したら車はベコベコになるそうです。

シカはブナ、白樺などが生えている付近に出やすいとの事でしたので、道路沿いが林になっている所では注意して運転してみてください。

Copyright (C) 3倍楽しむ!冬の北海道旅行 All Rights Reserved.